忍者ブログ

激安バイアグラ販売

ED薬のファイザー製薬の純正バイアグラ錠やバイアグラのジェネリックであるカマグラ、シラグラなどの激安個人輸入代行

ベストケンコー - ED薬でタグ付けをされた商品

バイアグラに危険はないもの思いがけない副作用

ファイザー社はバイアグラがおよぼす作用を認識するようになり、開発をすすめていった。人生の冬を過ごしていた高齢の男性がバイアグラを試す機会が増えるにしたがって、もっと少ない量で同じ効果が得られることが必要だとわかってきた。彼ら高齢者の血中濃度が、65歳未満の男性にくらべて40%も高かったのだ。また腎不全の症状が重い男性は、症状の軽い男性と同じ量を服用しても、血中濃度は2倍にまで上昇した。また肝硬変を患っている酒飲みの場合は、3A4の成分が肝臓ではたらかないために50%の上昇となった。

バイアグラが影響をおよぼす薬物もあれば、バイアグラに影響を与える薬物もある。アルコールやアムロジピン(商品名:ロトレル、ノルバスク)などは問題ないが、つぎのような薬物をバイアグラと併用すると、血中濃度の上昇がみられた。

・シメチジン(商品名:タガメット)
・エリトロマイシン
・ケトコナゾール(商品名:ニゾラール)
・イトラコナゾール(商品名:スポラノクス)
・ミベフラジル(商品名:ポジコール)

これらの薬が代謝するには、バイアグラと同じチトクロムP450系が必要となる。バイアグラが自らの身に裂け目を作るにはこれらの薬と競合しなければならず、その順番を待つときに体のなかにとどまっているので、総体的に血中濃度が上昇するのだ。リファンピン(商品名:リファディン、リファメイト、リファター)は、バイアグラの血中濃度を低下させることでバイアグラを出し抜いた。このリファンピンは、結核の治療によく用いられる薬物で、酵素を誘発するチトクロムP450系を活性化する。

それ以外の薬剤では、バイアグラと併用しても変化はみられなかった。

これらの初期試験が終わると、精神的な理由から勃起不全に陥った思われる被験者に対して、プラシーボ(偽薬)を用いた8つの比較試験が二重盲検法でおこなわれた。精神的生理的両方の理由からインポテンスになった被験者には、バイアグラとプラシーボが交互に与えられた。そしてそのあいだ中、プレチスモグラフでペニスが勃起したときの容積が測定された。そしてそのあいだ中、プレチスモグラフでペニスが勃起したときの容積が測定された。バイアグラの効果が4時間も持続した幸運な例もあったが、たいていは2時間ほどで効果がみられなくなった。

副作用も表面化してきた。
その多くは、バイアグラがところかまわずにPDE5を攻撃することが原因だっと。

・脳、とくに頭蓋の内側の部分の動脈を拡張させるため、734人の患者のうち16%が頭痛を訴えた。
・血管の平滑筋細胞に破壊的な作用をおよぼすために皮膚への血流が増加し、顔、首あるいは胴体が紅潮した患者が10%いた。
・胃のなかの血流が増加するために、消化不良(胸やけに似た胃の不調)を訴える患者が7%いた。
・鼻腔内の充血が4%、下痢が3%、目まいが2%の患者にみられた。すべて、バイアグラがPDE5を破壊することが原因である。

さらに予想外の副作用も出てきた。バイアグラが影響を与えるのは、PDE5だけではなかったのだ。PDE5に反応する10分の1の割合ではあるものの、バイアグラはPDE6に対しても反応を示したのである。PDE6は眼の網膜にみられる酵素で、色を識別するときに光を変換する過程ではたらく。よって、バイアグラがPDE6を阻害することで、3%の患者が、青いメガネをかけてものを見ているような感覚を覚えた。なかには青と緑を識別できない者もいた。

わけのわからない副作用であっても、無害であることがわかると、それぐらいの小さな犠牲には目をつぶるという人が多い。だが、バイアグラが発売されて以来、ずっと無害であると言われてきているこの視覚変化を、眼科医たちはひどく嫌っている。そこで、彼らは、バイアグラのひきおこす視覚変化を無害とするにたるだけの、長期におよぶ研究はなされていないということを指摘した。この問題についての長期データを得るには、まだ時を待たねばならない。

ほかにも、泌尿器系の感染症を起こした患者が3%いたのだが、これらはどちらかというと、バイアグラの効果でセックスの回数が増えたことと関係があるように思われる。また、2%の患者にみられた発疹、つまり一種のアレルギー反応は、どのような薬にも同じくらいの割合でみられるものである。

FDAで認可を受けたすべての薬と同じように、バイアグラにも、服用した被験者にみられた問題点が並べられた長いリストが作られた。これには、2%未満しか発生しなかった問題も含まれる。バイアグラがそういった問題の原因であるかどうかは、まだ結論が出ていないが、ファイザー社は「明確な関連性はまったくない」と頑強に否定している。だが、まれにしかみられないような副作用でも、リストとなったものを見せられると、医師用の薬品リストを調べたり、アスピリンの多量摂取反応の検査をしてみようという気になるかもしれない。薬の安全を確認する必要があるため、たとえその発症と薬の関係があきらかでなくても、副作用はつねに報告されているのである。


ED治療薬 | バイアグラ | シアリス | 早漏薬 | 勃起不全 | 薬通販 |  ベストケンコー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- 激安バイアグラ販売 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング
-